Health Solution, Inc.
2018年
  3月

山形県立米沢栄養大学の加藤守匡先生が「Effect of Chlorogenic Acid Intake on Cognitive Function in the Elderly: A Pilot Study」を発表されました。
この論文は株式会社花王のクロロゲン酸の認知機能への効果試験(CNS Vital Signsを利用)に関する論文です。

2017年
 
11月

健康産業新聞主催 業界時事セミナー 「認知機能のアセスメント・評価方法を考える」(11月20日)で弊社代表が講演しました。

 
9月

「薬理と病理 (Vol. 45 No. 9)」に、Cognitraxを利用した試験に関する論文が投稿されました(「健常者を対象とした脳機能改善に
及ぼすプラズマローゲン摂取の影響」)。

 
8月

Cognitraxを利用した研究論文の続報「Association between altered physical activity and neurocognitive function among
people with schizophrenia: A minimum 6-months' follow-up study
」が発表されました。

 
1月

Cognitraxを利用した国内での研究の初の論文が発表されました(関西医療大学 紅林先生、杏林大学 大瀧先生による
「Correlationsbetween physical activity and neurocognitive domain functions in patients with schizophrenia: a crosssectional
study」)

2015年
 
11月

萩本欽一氏の認知機能をCognitraxを使って測定した結果がテレビ朝日「欽ちゃんの100歳まで生きてみよう!」(11月8日放映)で紹介されました。

2014年
 
12月
オフィスを移転しました。
 
11月
米CNS Vital Signs社のCognitrax(コグニトラックス)のサービスを開始しました。
 
7月
米国のCNS Vital Signs社とライセンス契約を締結しました。
  3月 CogHealth及びCogSportの取り扱いを終了いたしました(CogHealth/CogSport関連ニュースはこちら)。
2013年  
 
10月
オフィスを移転しました。
2005年  
  4月

オーストラリアのCogState社との提携により、CogHealth(コグヘルス)及びCogSport(コグスポーツ)のサービスを開始しました。

2004年  
 
11月

株式会社 ヘルス・ソリューション創立

 
Copyright (c) 2005-2017 Health Solution, Inc. All Rights Reserved.